リクルートカードと楽天カード お得なのはどっちか比較してみた

      2016/08/13

楽天市場や楽天トラベルで使える楽天ポイントとホットペッパービューティやじゃらんなどで使えるリクルートポイント。どちらの方が使いやすいのでしょうか?
それぞれのポイントを貯めることが出来る楽天カードとリクルートカードについて、ポイントの貯まり方や使い勝手の良さ、補償や保険を比較してみました。



楽天カードとリクルートカードの共通点

まずは楽天カードとリクルートカードの共通点についてまとめました。

・年会費無料
・JCB、VISAならnanacoなどの電子マネーにチャージ可能(楽天カードでMasterCardなら不可)
・海外旅行での傷害保険が最大2000万円補償(利用付帯のため、飛行機代もしくは旅行ツアー代金をカード支払いしている必要あり)
家族カードが無料
・1ポイントの価値は1円

楽天カードとリクルートカードの違い

次に楽天カードとリクルートカードの違いをまとめました。

ポイント還元率

楽天カード 1%
リクルートカード 1.2%

楽天カードの利用をすれば楽天市場の買い物でポイント2倍と言われていますが、これは楽天会員としての買い物ポイントで1%楽天カードの利用で1%の合計2%付くことを意味しています。その他のクレジットカードを使用した場合は、楽天ポイントではなくリクルートカードであればリクルートポイントが付きます。
逆に、じゃらんの予約をリクルートカードで行えば、多くのリクルートポイントが得られます。

<例1>楽天市場で1000円の商品を購入し楽天カードで決済

楽天会員の楽天ポイントとして1%の10ポイント
楽天カードの楽天ポイントとして1%の10ポイント(合計、楽天ポイント20ポイント)

<例2>楽天市場で1000円の商品を購入しリクルートカードで決済

楽天会員の楽天ポイントとして1%の10ポイント
リクルートカードのリクルートポイントとして1.2%の12ポイント

<例3>じゃらんで1000円の旅行を予約しリクルートカードで決済

リクルート会員のリクルートポイントとして2%の20ポイント
リクルートカードの利用ポイントとして1.2%の12ポイント(合計。リクルートポイント32ポイント)

国内旅行に対する保険

国内旅行中にケガをしたり、病気をした場合に保険からお金が出るサービス。

楽天カードには国内旅行に対する保険付帯はなし
リクルートカードは国内旅行での傷害保険が最大1000万円

楽天カードの上位カード、楽天プレミアムカードであれば国内旅行での傷害保険が最大5000万円付帯します。

ショッピング保険 動産総合保険

クレジットカードを使って購入した商品が破損・盗難など損害を受けた場合に補償する保険サービス。

楽天カードには付帯無し。
リクルートカードでは年間200万円まで補償付帯(購入後90日以内)

楽天カードの上位カード、楽天プレミアムカードであれば動産総合保険が最大300万円付帯します。(購入後90日以内)

ETCカード発行

楽天カードは楽天Point Club会員ランクがダイヤモンド・プラチナ会員の場合、無料。(それ以外は年会費540円必要)
リクルートカードはJCBの場合、無料。(VISAの場合、年会費1080円必要)

会員ランクによる特典

楽天カードは会員ランクによる特典があります。
・レギュラー ポイント対象の楽天サービスご利用で、ポイントを獲得
・シルバー 過去6ヶ月で200ポイント以上、かつ2回以上ポイントを獲得
・ゴールド 過去6ヶ月で700ポイント以上、かつ7回以上ポイントを獲得
・プラチナ 過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得
・ダイヤモンド 過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有
ダイヤモンドなどの高ランクだと、さらにポイントが3倍もらえるなどのキャンペーンに参加することが出来ます。(エントリーが必須)

一方、リクルートカードには会員ランクによる特典はありません。

楽天ポイント貯め方 使い方

楽天ポイントの貯め方

・楽天市場で利用代金の1% + 楽天カード利用で1% の合計2%
・楽天トラベルで利用代金の1% + 楽天カード利用で1% の合計2%
・楽天ビューティで利用代金の1% + 楽天カード利用で1% の合計2%
・サッカーくじの楽天toto購入代金の1% + 楽天カード利用で1% の合計2%
など

楽天ポイントの使い方

楽天ポイントの利用先は楽天市場での購入がベストです。

他にマイルとしてANAマイルに変更も可能です。

さらに楽天ポイントをザクザク貯める方法

【楽天ポイントをザクザクゲット!】 ポイントサイトを経由して買い物するだけで...
By: GotCredit楽天を利用する上での一番のメリットはザクザク貯まる楽天スーパーポイントです。 ...

リクルートポイント貯め方 使い方

リクルートはローソンとポイントを提携したため、リクルートポイントからPontaポイントに統合されました。

Pontaポイントの貯め方

・旅行予約のじゃらんで利用代金の2% + リクルートカード利用で1.2% の合計3.2%
・ヘアサロン予約のホットペッパービューティで利用代金の2% + リクルートカード利用で1.2% の合計3.2%
・ポンパレモールで利用代金の3% + リクルートカード利用で1.2% の合計4.2%
・ローソンで利用代金の1% + リクルートカード利用で1.2% の合計2.2%
など

Pontaポイントの使い方

やはり旅行予約サイトのじゃらんや、ヘアサロン予約のホットペッパービューティ、ネットショッピングのポンパレモール、実店舗ではローソンやライフ、マイルとしてJALマイルにも変更可能。



まとめ

クレジットカード自体のスペックを比較すると、国内旅行にも保険が付帯しており、ポイント還元率も高いリクルートカードに軍配が上がります。しかし、楽天の会員ランクがゴールド以上でキャンペーンを上手く利用できれば、リクルートカード以上のポイントを得られることも出来そうです。

結局、楽天市場で買い物が多いのであれば楽天カードの方が良いでしょうし、ホットペッパービューティやじゃらんの利用が多いのであればリクルートカードを利用すべきでしょうね。

どちらにせよご自身のライフスタイルに合わせて、ポイントを一つに集めるのが最も賢いクレジットカードの選び方なのではないでしょうか。

合わせて読みたい記事

楽天スーパーセールで35倍以上の楽天ポイントをゲットする方法
By: Thomas8047いよいよ今週末、6月18日土曜日の19時より楽天スーパーセールがスタートします。楽...
楽天カード(JCB)からnanacoにポイントチャージすれば公共料金の支払いでもポイン...
By: Tax Credits楽天クレジットカードから、nanacoにポイントチャージして公共料金を支払うことで、楽...
楽天スーパーポイントを効率的にザクザク貯める方法 貯まるサービスとポイントサイト
By: Tax Credits楽天のポイントをザクザク貯める方法をご紹介します。楽天利用のメリットは、ズバリ楽...

 - 楽天カード , , , , , ,