楽天カード(JCB)からnanacoにポイントチャージすれば公共料金の支払いでもポイントを貯められる

      2016/08/14

楽天クレジットカードから、nanacoにポイントチャージして公共料金を支払うことで、楽天ポイントをゲットする方法を紹介しています。

固定資産税や自動車税などの税金や、公共料金は固定出費なだけにクレジットカード払いで少しでもポイントをもらいたいところです。しかし、通常これらの公共料金や税金はクレジットカードによる支払いが出来ないものが多いです。毎年送られてくるバーコード付きのコンビニ支払い票を見ながら、苦々しく思っている方も多いでしょう。そんな方に朗報です。

nanacoを使えば公共料金や税金からポイントを得られるようになります。



nanacoとは?

nanacoとは、セブンイレブンやイトーヨーカ堂などの、セブン&アイグループが発行している電子マネーです。

電子マネーは楽天Edyなど他にもありますが、公共料金や税金を支払える電子マネーはnanacoだけです。

nanacoへの入会方法

店頭でnanacoカードに入会する方法
  1. セブンイレブンやイトーヨーカ堂に行きます。
  2. レジ横にnanacoカード入会申込用紙が置いてあります。
  3. 必要事項を記入すれば、その場で発行されます。
    発行手数料は300円です。
スマホアプリからnanacoカードに入会する方法
  1. AndoroidのスマホならGooglePlayからアプリをダウンロードします。
  2. 起動して、必要事項を登録すればOKです。
    iPhoneには対応していません。
    *スマホアプリの場合は新規発行手数料は0円です。

nanacoのポイント

100円に付き1円分のポイントが貯まり、1ポイント1円として1円から使用可能です。

不定期のキャンペーンで100円に付き2円分貯まることもあります。
公共料金や税金をnanacoで支払ってもnanacoポイントは付与されません

毎月8の付く日にイトーヨーカ堂での買い物は5%offになります。

nanacoポイントの貯め方

セブンイレブンやイトーヨーカ堂、Denny's、西武、そごう、アカチャンホンポでの買い物の際にnanacoで支払うとポイントが貯まります。

他にラウンドワンやLoft、アリオグループでの買い物でnanaco支払いをしてもポイントが貯まります。

nanacoポイントの反映時期

月末締めの翌月10日確定です。

10日まではレシートに獲得ポイントが記されていますが使うことは出来ません。

10日以降にセブンイレブンのレジに行き『残高照会してください』、と伝えると、獲得したnanacoポイントを1ポイント1円として使えるようになります。

nanacoの利用方法

店頭で現金からチャージ

レジで『nanacoに**円チャージします』と伝えて、現金を支払うだけでチャージできます。

ネットでクレジットカードからチャージ

nanaco公式サイトにクレジットカード情報を登録すれば、チャージできるようになります。
*クレジットカードからのチャージは店頭レジではできません。

1度のチャージで1000円刻みで29000円まで、合計50000円までチャージすることが出来ます。
(50,000円チャージする場合は、29,000円チャージした後で、もう一度21,000円をチャージします。)

このクレジットカードからnanacoへのチャージが今回の記事の肝です。

ここまでの流れを整理しておきます。

  • nanacoは公共料金や税金を唯一支払える電子マネー
  • nanacoで公共料金や税金を支払ってもnanacoポイントは付与されない
  • nanacoにクレジットカードからチャージすれば、クレジットカードのポイントは付与される

ということは。。。

  1. クレジットカードからnanacoにチャージ
  2. nanacoで公共料金を支払い

つまり、この方法を用いれば、公共料金の支払いでクレジットカードの利用ポイントを獲得できます。

nanacoチャージと相性の良いクレジットカード

今回紹介する方法はnanacoの利用でポイントが発生するのではなく、nanacoへのチャージでポイントが発生します。つまり、nanacoにチャージできてポイント還元率が高いクレジットカードほど相性が良いと考えられます。

一般的なクレジットカードのポイント還元率が0.5%程度ですので、還元率が1%を超えるクレジットカードを選びました。

楽天クレジットカードなら1%ポイント還元

楽天カードはクレジット利用で1%のポイント還元です。2万円の公共料金の支払いで楽天スーパーポイントが200ポイント貯まります。年会費は無料です。

注意点として、nanacoチャージ出来る国際ブランドはJCBだけす。楽天クレジットカードを作る場合はMasterCardやVISAではなく、JCBを選びましょう。

リクルートカードプラスなら2%ポイント還元

リクルートカードプラスはクレジット利用で2%のポイント還元です。2万円の公共料金の支払いでPontaポイント(旧リクルートポイント)が400ポイント貯まります。年会費は2000円です。

注意点として、nanacoチャージ出来る国際ブランドはJCBだけす。リクルートカードプラスを作る場合はVISAではなく、JCBを選びましょう。

リクルートカードなら1.2%ポイント還元

リクルートカードはクレジット利用で1.2%のポイント還元です。2万円の公共料金の支払いでPontaポイント(旧リクルートポイント)が240ポイント貯まります。年会費は無料です。

注意点として、nanacoチャージ出来る国際ブランドはJCBだけす。リクルートカードを作る場合はVISAではなく、JCBを選びましょう。



ネット通販系クレジットカードの比較

楽天、YAHOO!、リクルート、AMAZON。ネット通販系のクレジットカード4種を比較しました。参考にしてみてください。

ポイントをさらに貯めたいのならポイントサイト登録が必須

クレジットカード利用より簡単に貯まります。ポイントサイトの内容や利用方法は下記記事にまとめています。

まとめ

公共料金からポイントを得る方法は、JCB系列のクレジットカードを使いnanacoにチャージ、セブンイレブンでnanaco払いするだけ。nanacoのポイントは付与されませんが、nanacoをチャージする際のクレジットカードのポイントは獲得できます。クレジットカードは国際ブランドJCBで高還元率のクレジットカードを選ぶべきです。

クレジットカードからのnanacoチャージによって大量ポイントをゲットできるわけではないが、公共料金などの固定支出からポイントを獲得できます。私は公共料金や税金以外に学会の年会費なんかもコンビニ支払い票で届くのでnanaco払いのお世話になっています。年間20万円くらいnanacoで払うので2000ポイント以上はもらえていますね。

以上、楽天クレジットカードからnanacoにポイントチャージして公共料金の支払いからも楽天ポイントをゲットする方法でした。

合わせて読みたい記事

 - 楽天ポイント , , , , ,